住宅ローンはライフスタイルにあったところで借りよう

住宅ローンは人生最大のお買い物と言われています。
金額も半端じゃないし、一生かけて返していくようなものなので、気軽に適当に借入先を選ぶわけにはいきません。
それゆえ、なんども銀行に足を運び、自分たちのライフスタイルに合った銀行選びが大事だといえます。
私自身何社も回って、返済方法や返済額、金利、キャンペーンなど、あらゆる条件を見合わせ比較し、検討しました。
一概に金利が低いという条件だけに目を向けてはいけないということです。
長い期間の借り入れなだけに、繰上返済方法やその際の手数料など、細かな点も把握し、検討する必要があります。
一気に返せる予定があるなら、変動金利の低いところで借りることも良いかと思います。
一定金額を何十年とコツコツ返済していこうというなら、固定金利を重視して選んだりすれば良いと思います。
自分たちのライフスタイルが大きく影響してきます。
共働きなのか、そうでないのかでも、家庭の収入に大きく差がでてくるので、返済方法も変わってくると思うので。
繰上返済方法なども、窓口での手続きだと、手数料がすごくかかる場合があります。
繰上返済をメインでやろうと思っているなら、手数料がかからないところや、インターネットから申し込めるところなどがオススメです。
低い金額から返済できる銀行もあるし、24時間いつでもインターネットから手続きできるところもあるので、仕事で忙しく平日銀行へいけないライフスタイルの方にはむいているかと思います。
住宅ローンには、金利キャンペーンなど各銀行で、様々なキャンペーンを実施しているので、いいタイミングで自分たちに合ったプランが見つかることを願います。
ただ、惑わされやすいのが、当初数年は金利が低いけど、その後一気に金利が上がるプランもあります。
これは、一気に家庭への影響がくるので、その辺もきちんとシュミレーションしてもらって、月々無理のない金額で返済できるプランをさがすべきだと思います。
どうしても、低い金利に目がいってしまうので、35年ローンなど組んだ場合、長い目で見ていく必要があるので、どこで借りるのが一番無理のない返済額かで選べばよいと思います。
どこも同じようにみえますが、やはり詳しく調べるとかなり違うので、手数料などの面もチェックしておくべきです。
例えば、今後借り換えを検討する可能性があると思われるなら、借り換え手数料についてもチェックしておけばよいと思います。

おすすめ関連リンク

住宅ローン消費税増税で損?減税と控除の方法!【金利に影響は?】
住宅ローンをお得に借りる時期ってあるのでしょうか。補助金などの支援や景気対策などをもとに、ローン借り入れのベストタイミングをチェックしてみましょう。
www.jyutakuzeikin.com/