住宅ローンの選び方

あなたは、今現在、賃貸にお住まいでしょうか?それとも持ち家にお住まいでしょうか?
賃貸にお住まいの方は、将来持ち家に住みたいという願望はありませんでしょうか。
今は持ち金がなく、持ち家を購入できなくても、住宅ローンを利用すれば、購入することも可能ですよ。
住宅を購入しようとお考えの方は、まずご自分がどのくらい住宅ローンを借りることができるのか、計算してシュミレーションをしてみましょう。
計算方法がわからなくても、ご心配はございません。
金融機関のホームページで住宅ローンのシュミレーションができますので、簡単に計算をすることができますよ。
是非、いろいろと試してみてくださいね。
借りられる金額は、最高いくら借りられるのか、ではなくて、長期間に渡って無理なく返済することができるのはどのくらいの金額であるのかを見極めることが重要ですよ。
また、利息もあなどれません。
住宅ローンは長期間に渡って返済していくものなので、何十年という利息がついてしまいます。
金利の高い方法で住宅ローンを選んでしまいますと、利息だけでも、一千万単位になってしまいますよ。
利息だけで、こんなに多額のお金を支払うのでしたら、とても無駄ですよね?
ですので、金利のことも慎重に考えなくてはなりません。
住宅ローンの種類はとても豊富で、都市銀行、地方銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合、ネット銀行などさまざまな金融機関があります。
ひとつに金融機関でも、10数個の住宅ローンを展開していることもありますよ。
自分に合う住宅ローンがわからないのでありましたら、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談をして、一番損しない住宅ローンを探すのもおすすめですよ。
また、今は不景気であるため、消費者の購買意欲を起こすために、住宅ローンの減税制度があります。
何百万が減税されることもありますので、ぜひ知っておいてくださいね。
減税は、購入した年度により異なってきますので、年度が早いうちに購入をしたほうがお得ですよ。
また、省エネ対策や耐震性・長寿命化などの、規定の水準を満たした住宅は長期優良住宅として認められ、一般住宅よりも控除額が高くなっています。
こちらも年度ごとで控除額が異なりますので早めの購入がおすすめですよ。
控除額も高く、購入してからも節約できますので、オール電化の住宅の購入なども考えてみられてはいかがでしょうか?
長い目でみましたら、節約にもつながりますよ。